Posted by at

2016年02月29日

デシグアルのフレグランスが日本初上陸

スペイン・バルセロナ発のファッションブランド、デシグアルは、1984年のブランド創立以来、個性的でインパクトのあるカラフルなデザインを展開し、ファッションシーンを突き進んできた。そんなブランドのフレグランスが日本に初上陸。
ブランドのスローガンでもある“La vida es Chula(人生って素晴らしい)”という情熱的なスピリットを、「ファン」「ラブ」「セクシー」の3つの要素に反映したフレグランス3種が、2016年1月29日(金)に発売される。
今までにない香りを体感できるよう、サイケデリックなデシグアルの世界観をボトルに表現し、色や文字のコラージュは五感を刺激。香りは、パッションフルーツを中心に弾けるように香るフルーティ フローラル調の「ファン」、ジューシーでいて甘く柔らかいフローラル フルーティ調の「ラブ」、そして甘く芳香な香りがキーノートのチュベローズを包み込むフローラル オリエンタル調の「セクシー」と、それぞれ個性を際立てる仕上がり。デシグアルのファッション同様に、パワーを与えてくれる香りをぜひ手にしてみて。  


Posted by kiie at 00:00Comments(0)

2016年02月25日

定番ライン「adicolor」を発表

アディダス オリジナルスは2016年春夏シーズン、新定番アパレルライン「adicolor」を発売した。ブラックをキーカラーに、“時代に捉われない”ベーシックアイテムをラインアップ。ハイブリットブルゾンや、Tシャツやトラックトップ、トラックパンツのほか、リュックなどのアクセサリーを揃える。無駄を削ぎ落したシンプルなデザインを、モダンなシルエットで再提案した。さらに、ラグジュアリーコレクション「adicolor deluxe」を展開。ラムレザーなど上質なマテリアルを用いて高級感香るTシャツやトラックウェアをラインアップする。  


Posted by kiie at 00:00Comments(0)

2016年02月18日

ルイ・ヴィトン フォー ユニセフ

その第1弾として、ルイ・ヴィトンより、このキャンペーンのために特別に製作された「シルバー・ロックイット」が登場。「シルバー・ロックイット」は、メゾン誕生の象徴ともいえる、こじ開けることのできないタンブラー錠前にインスピレーションを得てデザインされたもの。お客様の大切な持ち物を保護するために発明されたこの錠前は、まさしく「保護」の象徴であり、今すぐ助けを必要としている子どもたちを支援するというメゾンの約束の証としてふさわしいアイテムとなっている。
現在、世界各地のルイ・ヴィトン ストアならびにルイ・ヴィトンの公式サイトにて展開中で、ペンダント又はブレスレット1製品の売り上げごとに200ドルがユニセフに寄付される。また、世界中の関心を高め、資金を集めるデジタルキャンペーン「#MAKEAPROMISE」もスタート。キャンペーンでは世界各地のインフルエンサーたちが「ピンキープロミス(指切り)」を行い、自分たちの約束をシェア。これまでに多数の著名セレブが参加し、最近ではモデルで女優のTAOとラグビー日本代表の五郎丸歩選手が参加している。  


Posted by kiie at 00:00Comments(0)

2016年02月11日

セント レジス ホテル 大阪

「セント レジス ホテル 大阪」が、2016年2月5日(金)、独特の哲学に基づき、ブドウの出来の良い年にだけ作られる唯一無二のシャンパンメゾン「サロン」との一夜限りのスペシャルコラボレーションディナーを開催する。
当日はゲストスピーカーとして、シャンパンの最高峰とも称される「サロン」の最高経営責任者であるディディエ・ドゥポン氏を招聘。作り手の貴重な話と共に、日本で初めて披露される2004年の「サロン」をはじめ、「サロン」と同じ村で造られる250年の歴史がある姉妹メゾンが「ドゥラモット」数種類と、シャンパーニュー地方の香りが漂うセント レジス ホテル 大阪3人のトップシェフの共演によるスペシャル料理との可憐なマリアージュが楽しめる。
ジャス生演奏とともに、とびきりリュクスな“紳士・淑女の夕べ”に酔いしれたい!  


Posted by kiie at 00:00Comments(0)

2016年02月04日

レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦

両国・東京都江戸東京博物館にて、特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」がスタートした。
日本とイタリアの国交樹立150周年を記念して開催される同展では、約70点を通して、自然・人間観察を通じて真理に近づこうとしたレオナルドの挑戦を紹介していく。
イギリスのバクルー公爵家が代々所蔵し、レオナルドの故郷イタリア、作品のあるイギリス以外の場所では初の出品となる《糸巻きの聖母》や、人類の飛行を予見していたことを示す直筆ノート『鳥の飛翔に関する手稿』(イタリア・トリノ王立図書館蔵)が日本初公開。さらに、花や子どもを観察した日本初公開の真筆素描7点(うち1点は弟子との共作)、レオナルド派による日本初公開の珠玉の絵画や、神話化・伝説化されたレオナルドの生涯を表した版画などを通じて、天才画家の挑戦を体系的に展観する。  


Posted by kiie at 00:00Comments(0)

2016年01月31日

Fendi ( の修復支援でローマ最大の人工の泉「トレビの泉」が復活

イタリア、ローマを代表する観光名所「トレビの泉」が、修復の後再びその姿を公に現した。今回の修復は、同じくイタリアを代表するラグジュアリーブランドである Fendi (フェンディ) が2013年1月に単独資金提供することを発表したことに始まる。施工の開始は2014年6月。それからわずか17ヶ月、2015年末の完成予定を前倒しし「トレビの泉」に再び水が湧き上がった。
今回の大規模修復プロジェクトの修復工事中は、その華麗な人口の泉の全貌が見渡せるボードウォーク (遊歩道) に透明パネルが設置され、訪問者は間近での鑑賞を楽しむことができるなど、その工程にも観光客を楽しませる工夫が凝らされた。  


Posted by kiie at 00:00Comments(0)

2016年01月27日

Givenchy (ジバンシィ) ファン必見、スターモチーフの限定コレクション

Riccardo Tisci (リカルド・ティッシ) による Givenchy (ジバンシィ) が11月25日より伊勢丹新宿店にてポップアップストア「STAR ANIMATION」を開催する。
今年の9月にブランド史上初となる一般公開によるランウェイショーを開催した Givenchy。メゾンの創設者である Hubert de Givenchy (ユベール・ド・ジバンシィ) と Riccardo Tisci にとってアメリカンドリームの舞台であるニューヨークにて開催されたショーでは、リサイクル資材を用いた特設ステージをハドソン川岸に設営、また Marina Abramovic (マリーナ・アブラモヴィッチ) のキュレートによるアーティストのパフォーマンスがランウェイを彩るなど、前代未聞のスペクタクルで話題を集めた。  


Posted by kiie at 00:00Comments(0)

2016年01月20日

Rad Hourani (ラッド・ハウラニ) によるアートエキシビション「NEUTRALITY」がパリにて開催

1982年にヨルダンでカナダ人の父とシリア人の母の間に生まれた Rad Hourani は、16歳の時にカナダのモントリオールに移り住み、高校卒業後アートディレクターとして活動。23歳の時にパリに移ってからは、写真や映像を撮り始め、2007年10月より自身の名を冠したユニセックスのコレクションをスタートさせた。2年後にパリの Jardin du Palais-Royal (パレ・ロワイヤル) で写真と映像の個展を開催し、以降オランダや香港、ベルリン、ドバイ、北京など世界中で写真展を開催し、アーティストとしての名声を獲得してきた。また、パリの Centre Pompidou (ポンピドゥー・センター) やロンドンの Tate Modern (テート・モダン)、ニューヨークの FIT 博物館などで個展を行い、大きく話題を呼んだ。彼が30歳の時にパリ・クチュール組合に招待を受けてメンバーになり、2013年1月に歴史上初となるユニセックスのオートクチュールコレクションを発表した。

ミニマルで洗練されたモダニズムを打ち出す Rad Hourani のデザインは既に絶大な人気を博しているが、そんな彼が様々な視点から人間の性質に迫った作品とは一体どんなメッセージが込められているのか?是非とも見逃さないで欲しい。  


Posted by kiie at 00:00Comments(0)

2016年01月13日

NikeLab と sacai 待望のコラボレーション第2弾が発売

NikeLab (ナイキラボ) と Sacai (サカイ) によるコラボコレクション第2弾が公開された。今年の3月末にファーストコレクションが発売され、大きな話題を呼んだ NikeLab × Sacai (ナイキラボ×サカイ) のダブルネーム。新たに発表された2015年フォール、そしてホリデーコレクションでは、前回と同様に阿部千登勢が得意とする異素材のミックスやプリーツ、パネルで切り替えを加えたコラージュタッチのワードローブがイン。ナイキテックフリースやニット素材には、秋冬らしいウールやレザーなどが合わせられ、デザイン性、機能性ともに更に向上されたアーバンスポーツウェアを提案している。
同コレクションのアイテムは、クラシックモデルにレザーの袖やプリーツのはいったウールのバックパネルを使用した、デストロイヤー ジャケット、NIKE の先進技術が活かされたケーブルバック テックフリース、サテンやレースなどの女性らしい素材を用いたウインドランナー スカートなどをはじめ、幅広く展開される。
コラボコレクションの第2弾にちて阿部は以下のようにコメントしている。
「皆さんにこのコレクションを触り、感じ、楽しんでもらいたいと思っています。sacai のビジョンはカーディガン、シャツ、ジャケットなど、誰にとっても馴染みのあるクラシックなスタイルに、素材やシルエットで遊び心を加えることです。私たちはクラシックなスタイルに新しい解釈を生み出しています。NikeLab × sacai コレクションについても同じデザイン理念に基づいて、誰もが知っているナイキのスタイルをsacaiの視点を通して表現しています。」  


Posted by kiie at 00:00Comments(0)

2016年01月06日

Gerhard Richter の新作個展がワコウ・ワークス・オブ・アートにて開催

11月10日 (火) より六本木の WAKO WORKS OF ART (ワコウ・ワークス・オブ・アート) にて Gerhard Richter (ゲルハルト・リヒター) の個展 “Painting” が開催される。ドイツを代表する現代美術作家であり、国際的にも最も重要な画家と評価される同氏は、1960年代より、フォト・ペインティングやカラーチャート、何層にも重ねた色響きあう抽象画と、一貫して絵画の本質を追求しながら様々な試みに挑戦し続けてきた。
作家みずからが “Painting” と名付けた本展では、世界初公開となる最新の油彩画が8点展示される。2012年にも同ギャラリーでデジタル技術を駆使した《Strip》シリーズを展示したリヒターだが、油彩画による最新作の公開は日本では10年ぶりである。さらに、2010年に制作を開始した、ガラスにラッカーで描いたシリーズ《アラジン》から日本未公開の5点と、さまざまなスナップショット的な写真の上に油彩やエナメルで描く「オーバー・ペインテッド・フォト」と呼ばれる手法による作品も多数発表される。  


Posted by kiie at 17:27Comments(0)